事業者ローンを利用すれば資金繰りが簡単にできる

笑顔のレディー

大きなお金が必要なら

硬貨と電卓

不動産を担保にする

不動産担保ローンとはその名のとおり、自分が持っている不動産を担保にしてお金を借りる商品になります。一般的なクレジットカードのキャッシングやカードローンは、契約者の年収や借入歴などをチェックして、その人の信用度が重要視される、いわゆる無担保型と呼ばれるものです。一方、不動産担保ローンは、勿論契約者の信用度も重要視されますが、それにプラスして、持っている不動産の価値に応じてお金を借りる事が出来ます。無担保型のローンに比べますと、非常に低金利でお金を借りる事が出来ますし、限度額も不動産に応じて高くなりますので、まとまったお金がどうしても必要だと言う人に向いているローンです。既に複数他社からお金を借りていて、返済口をひとつにまとめたいと言う人にもおすすめですよ。

必ず返済を心がけよう

不動産担保ローンでお金を借りた場合は、当然ですが支払いが出来なくなってしまいますと、担保にしている不動産は失ってしまいます。また、不動産を売却したとしても、その際に担保の価値が下がっていて、全額返済できない場合には、差額を返済しなくてはいけません。また、個人再生をして借金の清算をしたとしても、不動産担保ローンの場合には持っている不動産を守る事は出来ません。一般的に個人再生は自己破産とは異なり、住宅を守る事が出来る借金の清算方法ではありますが、不動産担保ローンで不動産を担保にしてお金を借りている以上、対象外になってしまいます。当然の事ではありますが、お金を借りた以上は責任を持って返済をするという事を心がけましょう。